自販機のカップ麺を姉ちゃんと並んで

「野菜ジュース」に関して、どう思う?「絵描き」って、みんなにはどのように受け止められているのかな。べつに真剣に考えるわけじゃないんだけどね。

トップページ >

余裕でダンスする友人と濡れたTシャツ

今年は、海水浴に行っていないが、行けたらとても行きたい。
まだ、娘が小さいので、砂浜で砂遊び程度でありながら、絶対興味をもってくれると思う。
だけど、しかし、子供は、オムツをはいているので、近くの人の事を思ったら海につけない方がいいのではないだろうか。
プール用オムツもあるが、自治体によっては議論になっているらしいので。

凍えそうな木曜の早朝は歩いてみる
本を読むのは域外の一つだけど全ての本が好きなわけではない。
江國香織さんの作品にとても惹かれる
非常に長いこと同じ小説を読み進めている状態だ。
ヒロインの梨果は、8年付き合った恋人の健吾に別れを告げられてしまうが、そのきっかけである華子と一緒に暮らすようになるという奇抜な話だ。
ラストは驚きが大きく大胆な形だととれるが、それを知ったうえで振り返ると「確かに、そうなるかもしれないな」という感じがする。
それに、ワード選びや登場させるミュージシャンや、物など、魅力的。
ミリンダが出ればミリンダを飲みたくなるよう書かれているし、べリンダ・カーライルや古内東子といった音楽がでてくると私もCDをかけてしまう。
ワードのチョイスの方法がうまいのかもしれない。
それ以外も、「ピンクグレープフルーツそっくりの月」というセンテンスがどこから生まれてくるのだろう。
そんな文章に虜にされて、夜に何回もおなじ江國香織の作品を読んでしまう。
好きな作品との夜の時間が夜更かしの発端なのだろう。

陽の見えない火曜の午後は立ちっぱなしで

夏期なのでイベントがたいそう増え、ここ最近、夜分にも人の行き来、車の通行が大変増えた。
かたいなかの奥まった場所なので、日ごろは、夜間、人の往来も車の行き来もほとんどないが、打ち上げ花火やとうろうなどがされていて、人の行き来や車の往来がものすごく多い。
常日頃の静まり返っている晩が妨害されていささかうるさいことがうざいが、平素、活況が僅少な田舎がエネルギーがでているようにうつるのもまあいいのではないか。
隣近所は、街灯も存在しなくて、暗夜なのだが、人の通行、車の往来があって、エネルギーがあると明るく思える。

陽の見えない休日の晩にお菓子作り
明日香は、短大に入ってすぐ仲良くなった仲間だ。
明日香ちゃんの魅力的なところは、受け入れの幅が広くて、小さなことは、気にしないところ。
私から友達になってと言ってきたようだが、覚えていない。
一緒に過ごせば、すべて単純化されるので、とってもほっとする。
細身でスレンダーなのに深夜にハンバーガーを注文しに行ったりするらしい。

暑い日曜の夜明けに読書を

夏っぽいことを特別やっていないが、仲間と日曜日、コテージをレンタルしてBBQを行う。
毎年の流れだけれど、たまには、息抜きになる。
男のメンバーが少ないので、すごくいっぱいなんやかんや準備をしないといけない。
特に、炭に火をつけたりが、女の人は不得意な人がたくさんなので、頑張らないと。
ですが必ずみんなで焼酎をがぶがぶ飲むその時は、ビールをがぶがぶ飲まない様に気をつけよう。

陽気に自転車をこぐ弟と霧
江國香織のストーリーに登場する女の人は、陰と陽を持っていると思う。
結婚していて、他の男性と恋愛することをそこまで責めない。
遊びと、心底好きなのは旦那さんだけのただ一人。
そんな女性がよく登場するような気がしませんか。
不貞行為を陰だと置くと、旦那さまは陽。
ふと、別人が入ったように陰が出てくる。
結婚以外での恋愛に関する善悪の区別はシカトして、登場する登場人物を研究する。
自分の中に新しい恋愛に対する考え方や新たな価値観が登場することもある。

よく晴れた平日の午前は昔を懐かしむ

海辺がたいそう近くで、サーフィンの場所としてもめっちゃ有名な場所の歩いてすぐに住んでいます。
なので、サーフィンをする人はめちゃめちゃ多くいて、仕事の前に朝ちょこっとでも行くという方もいる。
そんなふうに、サーフィンをしている方々が多数いるので、誘われることがたいそう多かったのですが、必ず断っていました。
その理由は、俺が、運動神経がにぶく、息継ぎできずに泳げないからです。
しかし、泳げなくてもサーフィンはできると言われ、やってみたけれど行ったスポットは上級者がするところで、テトラポッドが近くに広がっていて、スペースが狭い場所だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

前のめりで体操する彼女と観光地
関東でも昔から賑わっている町、台東区浅草。
最も古い仏様が浅草寺。
そこそこ最近、浅草寺詣でに行ってきた。
久々に来た東京浅草参拝。
再び、自分できちんと見て分かったのが、海外からのツーリストが多いこと。
世界中から観光客の集まってくるここ浅草、昔より明らかに多い。
おそらく、世界一背の高い総合電波塔である、東京スカイツリー完成の影響もあると考えられる。
アジア諸国からは、羽田ハブ化に伴って便利になったという事から、それと、ヨーロッパ方面や欧米諸国からは、着物や和装小物に魅力を感じ来るツーリストが多いと思う。
いずれ、この先の未来も多くの外国人観光客が来ることを予想させられた。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
一方の私は、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産に名物の人形焼と、雷おこしをたくさん購入して、足袋や木刀も見せてもらった。
宝蔵門を抜けると、立派な本堂が見えてきた。
この屋根瓦はチタン瓦を使用し、工事を行ったそう。
浅草寺の秘仏の観音様にお礼と旅の無事をかねてしっかり願ってきた。
頑張りがいつかどこかで実りますように。

怒ってダンスするあいつと穴のあいた靴下

仕事終わりの時間つぶしに、箱根の森美術館に入館して以来、芸術鑑賞に虜にされている。
びっくりしたのは、一人でゆっくり観賞しに来ている方も多かったこと。
それ以来私も、誰かと一緒じゃなくてもいけるし、誰か興味がある人に一緒に来てもらうこともある。
江戸博は、期間限定の展示がとても以来私も、一人でも行けるし、誰か誘って一緒に来てもらうこともある。
江戸東京博物館は、企画展がとても海の見える横須賀美術館には、可愛い谷内六郎の作品がたくさん。
どんな方かと言ったら、有名な週刊新潮の表紙絵の芸術家だ。
それ以外でも、日光猿軍団の近くにある、竹久夢二美術館で凄い量のポスターを買った経験も。
そんな感じで、美術には日頃から魅力的な時間を貰っている。

曇っている木曜の夕方に座ったままで
現在よりも凄くデブだった時期に、どうしても食べたくなったのがシュガートーストだ。
酷い時は、夜ごはんの後に2枚以上食べていた記憶もある。
さらに同時に、フライドポテトに取りつかれてしまい巨大化の世界へまっしぐらだったあの頃の自分。
頑張ったダイエット方法が無理のあるものばかりだ。
例えば、スープのみの食生活。
これは2週間程おんなじスープだけで生きるダイエットだ。
仕事先にも水筒に入れて持ち運んだという徹底さ。
スープダイエットに断念して、葱を夕飯に置き換えるというダイエット。
全部、今ではできない。
その後、半年ほどで生活習慣を変えると、気付いたら元通りに。
なんでもコツコツとやるのがベスト。

サイトメニュー



Copyright (C) 2015 自販機のカップ麺を姉ちゃんと並んで All Rights Reserved.
↑先頭へ